フォト
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

子育てお仲間さん

無料ブログはココログ

« プリキュア | トップページ | ミラクル・ベルティエ(スイートプリキュア) »

2012年1月24日 (火)

初お葬式

週末の今週始めの日曜日、親戚のお葬式があり、ゆづを連れてゆきました。

「じっとはできないけれど、たぶん静かに出来るだろう」と思っていました。

このへんは予想通りでした。

最後のお見送りで、棺(ひつぎ)にお花を入れてあげるときに、顔を拝見することになります。

ゆづも伯父(おじ)さんの顔をマジマジと見ていました。

「なんで寝てるの?」

「寝てるんとチャウよ。亡くなったんやで。死んだんや」

「なんで死んだん」

「病気で死んだんや」

とたずねながら、何回もお花を入れていいました。

最後には、手を振ってバイバイをしていました。

「死」 = 「バイバイ」とは、なんとなく分かっているようです。

しかし、その後、何度も

「なんで死んだん?」、「なんで死ぬの?」と尋ねていました。

「パパもママも歳をとったら死ぬんやで。ゆづもいつかは死ぬんやで」と言いましたが、分かったような分からないような表情をしていました。
だからこそ何度も「なんで死んだん?」、「なんで死ぬの?」と尋ねたんだと思います。

そういえば、自分が子どもの頃は、
自分が歳をとることなんて全く想像もしなかったし、想像できなかった事を思い出しました。

« プリキュア | トップページ | ミラクル・ベルティエ(スイートプリキュア) »

育児」カテゴリの記事

コメント

そういえば、数日前、どういう場面か忘れましたが、「なんでオッちゃん死んだの?」と思い出したように質問してきました。
「前にパパとママと一緒に行ったお葬式の時の話か?」と尋ねると
「うん」と返事。
以前と同じように
「歳をとったら死ぬんやで。おじいちゃんから順番に、パパもママも、ゆづきも、いつかは死ぬんやで」と答えました。
特に質問もなく、この答えをきいていました。
子供心に死というものをどうとらえているのでしょうか・・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プリキュア | トップページ | ミラクル・ベルティエ(スイートプリキュア) »