フォト
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

子育てお仲間さん

無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月23日 (木)

メモ:本番ではなぜ失敗する

引用: http://allabout.co.jp/gm/gc/456734/?FM=rssaa_latest-rhealth

練習ではできていたのに、本番ではなぜ失敗するの?

ピアノの練習

普段の練習では成功できたのに、発表会ではいつもつかえてしまう

ピアノの発表会、就職の面接、大切なプレゼン――。練習ではできていたのに、本番になるとなぜかミスを連発する人がいる一方で、人前でこそスラスラと上手にでき、堂々としていられる人もいます。この違いは、いったいどこから来るのでしょう?

この現象を知るヒントに、ザイアンスの「動因理論」があります。

人は周りに他者がいる状況では、一人でいる状態よりも意識が目覚めた状態になります。こうした状態では活動に対する動因が高まり、「優勢反応」(ある活動をするときにいつも生じている反応)が起こりやすくなります。その結果、単純課題を行っているときには社会的促進が働きやすくなり、複雑課題を行っているときには社会的抑制が働きやすくなります。これをザイアンスの「動因理論」と言います。

より分かりやすく説明すると、周りに他人がいる状態でなにかをする場合、簡単で得意な単純課題なら、周りに人がいた方がスムーズできる一方で、複雑で苦手な複雑課題は、一人でいるときより間違えやすい、ということです。

発表会、面接、プレゼン――本番でミスをするメカニズムはみな同じ

たとえば、ピアノの発表会でミスをしてしまった子どもは、「練習ではできてたのに」と落ち込んでしまいます。たしかに、自宅で練習しているときには、他人の目を意識しないでリラックスして練習できるため、難しい箇所も何度か上手く弾けていたのでしょう。

しかし、ピアノの発表会という大勢の人に見られる場所では、いつもの反応(優勢反応)が生じてしまいます。つまり、簡単だったり完璧に弾ける曲なら、他人の存在が適度な緊張感につながって上手に弾けるのですが、難しかったり、完全に弾きこなせていない曲の場合、他人の存在がプレッシャーになり、よくつっかえる場所でミスをするという悲劇が起こってしまうのです。

したがって、たとえ練習では成功していたとしても、その課題を普段からスラスラできていない限り、他人がいる場所では間違えても仕方がないということになります。

就職の面接や、顧客や上司の前でのプレゼンなどでも同じことです。こうした場では、簡単な話題や完璧に説明できる内容ならスムーズに話すことができますが、突っ込んだ質問をされたり、リハーサルなしに本番に臨んだりすると、つかえたり、舌を噛んだりしてしまいます。これも、「複雑課題は、他人の前ではより失敗しやすい」というザイアンスの動因理論で説明することができます。


キム・ヨナに学ぶ「本番に強い私」のつくり方

ジムで練習

本番に強い人たちがいちばん大切にしていることは?

ザイアンスの動因理論に従えば、取り組む行為が「単純課題」――簡単だったり得意なこと――であれば、他人の存在がよい緊張感につながり、その行動がますますスムーズにできるようになります。

つまり、難しいピアノ曲はたくさん練習してスムーズに弾けるようにし、舌を噛んでしまうような発言部分は、何度も練習をして滑らかに話せるようにしておけば、それがその人の優勢反応になり、人前で上手にできるということです。

この理論を説明するときいつも思い出すのが、オリンピックで常に上位を占め、世界の女子フィギュアスケート界で圧倒的な実力を誇った韓国のキム・ヨナです。キム・ヨナは、引退を伝える会見の際に「もうずいぶん前から、スケート靴を見るのも嫌になっていた」という心中をつぶやいていました。

キム・ヨナといえば、大技を生みだすことはないが、高度な技をミスをせずに演じて高得点をとる選手です。世界の大舞台でも、完璧な演技を堂々と見せるその実力は、「スケート靴など見たくもない」ほどの練習を重ねてきた結果なのでしょう。

競技場に立つ彼女にとって、「完璧に演じられる状態」こそ“いつもの私の状態”(優勢反応)であり、世界中の人が注目する大舞台では、人に見られる緊張感によってその優勢反応が促進的に働くため、実力を遺憾なく発揮できたのだろうと思います。練習で何度か成功できた程度では、本番で練習と同じように成功できるはずはないのです。

つまり、複雑で難しい行為を人前でミスなくスムーズに行えるようになるには、体にしみこむまでの練習の繰り返しが大切だということです。千里の道も一歩から。さあ、さっそく「練習」を始めてみませんか?

2015年7月 2日 (木)

3年生は、こんな感じ

3年生になりました!

無事にかどうかは不明・・・sweat02
参観に行くとわかるのですが、小学三年生というと、
「お母さん好き」とか
「お母さんありがとう」
ということを言うことを照れたりします。
それが大多数です。
が、、しかし、、
うちの娘はまだ全然照れません。
たぶん、そのあたりの成長が遅いのかしないのか・・・・
でも悪い事ではないですね。
「パパ大好き!」 とか「ママありがとう」とかを授業でみんなの前で発表したりしてくれたりしますheart04
すると、何人か先陣をきるわが娘のあとに続いて、同じような内容の発表をします。
-----
先日、一緒にお風呂に入っているとこんなことを言われました。
「パパ、結婚する人決まってん!」
「え?! sign02 どんな人?」
「六年生の、とおるくん。とおるくんと結婚すんねん」
「なんで、とおるくんなん?」
「だっこしてくれたり、キスしてくれんねん。だから結婚すんねん」
(ダッコとかキスが、結婚と結びついているらしい)
まったく持って、照れや恥じらいのない3年生なので、うちの娘は心配はしていないのです
が、「とおるくん」は6年生なので、無邪気さはないかもしれないと心配してしまいました。
うちの子は、このままで成長してゆくのかと心配になりました。
その後、お風呂を出て、手紙書くといって、
「とおるくんへ
ゆづきは とおるくんとけっこんしたいです。」
と書いていました。heart04
相手のあることなので少し心配です。
--------------
今日は朝から雨でした。
長靴を履いていきました。
家には帰らず学童へ帰るうちの娘。
学童で、習字を習っています。
帰ってくると、右の長靴が墨汁で真っ黒でした。
どう考えても自分で色を塗ったよう。(その発想 大人にはないぞぉsign03
そして、なんていう字書いたの?ときくと
「ね こ が む し」 と言ってました。
は??coldsweats01
「ね こ が む し」 と言ってました。
「猫は虫ちゃうでぇ」 と言いましたが、意味不明でした。
家に帰って習字道具を確かめると、書いていた字は、「こがね虫」  でした。
wobblywobblywobblywobblywobblywobblywobblywobblywobblywobblywobblywobblywobblywobblywobblywobblywobblywobblywobblywobblywobblywobblywobbly

« 2015年2月 | トップページ | 2015年8月 »