フォト
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

子育てお仲間さん

無料ブログはココログ

テレビのあほ(media literacy)

2010年6月 4日 (金)

リーダーがまた交代・・・・

二日ほど前でしょう。
また日本の首相が辞めました。

自民党から民主党へ政権交代が起こって初めてのリーダー
鳩山さんがリーダーを辞めました。

ゆづきが生れて間もなく四年。
その間に国のトップ交代が何回あるのでしょうか。

武士の支配した江戸時代が終わって、明治時代に大きく転換した激動の時代の中で、
奈良県はなくなり、大阪県になったり堺県なった事もあるので、てんやわんやするのでしょう。
今後どうなるのでしょうか・・・・

あとから振りかえると激動の時代だったね~となるのでしょうか。
ウォッチしたいと思います


2009年8月 9日 (日)

裁判員制度開始→豚インフルエンザ→マイケル訃報→次期政権は?

今年(2009年)から、「裁判員制度」ってものが始まりました。

一般人が裁判に参加するという制度(むちゃむちゃ説明をはしょっています)。
五月に開始が決定し、8月に初めて一般人から裁判員を入れた裁判が行われました。
と、さんざんTVで放映されていました。
お祭り騒ぎのようでした。

初の裁判員をまじえた裁判の傍聴席を求めて多くの人が殺到しました。
しかし、その多くの人がバイトであったようで、多くのバイトを雇って抽選で当たった人の席をメディア関係者が占めていたようです。(もともとメディア席というのがあるはず)
やりすぎでしょう。

そういえば豚インフルエンザの時もそうでした。

新型の(今までのワクチンが効かない)インフルエンザが発生した・・・・
と大騒ぎ。テレビで散々やっていました。

そして水際作戦との事で、外国から(とくにメキシコ、カナダ、アメリカの発生国)の飛行機で日本にやってくる人すべてにサーモグラフィーで体温をみたり、風邪のような症状がないか問診したりしていたようです。ものすごい労力です。

しかし、潜伏期間があって今は症状が出てないけれど、家に帰って来てから症状が出た。
ってな事が当たり前のようにあるので、水際作戦は大失敗。。
(成功するはずがない。あたりまえ)

わが子・ゆづもちょうどその時期に熱を出して、「発熱外来」に行ってきました。
病院の横に臨時の部屋みたいなものが診察室でした。
いやぁ~大げさでした。
ETの映画でETを隔離していた施設を思い出しました。
(ETは必見映画です。いつか見て下さい)

もし子供がインフルエンザに感染していれば、親(パパママ)が感染している確率は高いはずなのですが、余裕で病院内をウロウロ出来ました。
大げさな臨時施設とギャップありすぎ。ええんかい?
そして病院の事務員たち(歳の上のほうと思われる)は暇なのかして、たむろしたり、ウロウロと周辺を歩いて様子を見たりで戦力になっていませんでした。

ETと言えは、マイケル・ジャクソン。
突然なくなりました。スーパースターでした。
歌&ダンスは超一流。
興味が出てくる年頃になれば見せたり聴かせたりします。
彼の訃報のNEWSが出ると、インターネット検索のアクセスが前代未聞の急上昇となり、
検索サイトを運営する会社のいくつかは、サイバーテロだと勘違いしたくらいのモノスゴイアクセスだったようです。

この数カ月の間にいろいろ大きなNEWSがありました。

そして最後に衆議院が解散して、8月30日に選挙となりました。

ゆづ三歳になった三年間に、日本の一番の偉いさんが、すでに小泉→安倍→福田→麻生→??と変わっています。
次はだれかな。
九月の頭には次が誰かわかるでしょう。

いろいろと問題のある世の中、今までの体制ではどうも変革は厳しいようだ、というのがわかってきています。
特に政治的なポリシーはありませんが、政権交代してみて、土台から見直し、検証する時期に来ているようです。

マニフェスト選挙なんて言っていますが、
「そんなんホンマに出来んのか?」 というのと、、
「なんで今まで出来んかったのに、これから出来るんじゃ?(なんで今までせんかったんや?) 」という、どちらに賭けるかってところでしょうか。

日本のターニングポイントになる年かもしれません。
(ちょくちょくブログに書かんから長くなる・・・・反省)



2007年4月 4日 (水)

自由・平等が怖い!

メディアの摩訶不思議な話題には事欠きません。

夕方のNEWSを見ながら車で移動することが多く、
変な事を言ってるなぁ~と今日も思いました。

「政見放送をインターネットで何度も見れるようにする事は違法性がある可能性が高い」

ん??? はぁ~???
インターネットの世界で何か起こってるんだなぁ~と思って調べてみたら・・・・

どえりゃ~ことになっちょりますんです。車京都知事選の政見放送・・・

この人物の名前すらも口にしたくないので、なにも申しません。
言霊思想ゆえ、口に出すと良からぬ出来事に遭遇しそう・・・・(苦笑)

たぶんデーターは削除されるので興味のある人は、早めに見といて下さい。

ここ

(嫁とわが子へ。データ削除後に気になったら声をかけてね。見せます)

無理すると笑えないこともないが恐怖が90%くらい。

若い人が選挙に関心を持つという点を評価する人びとが出てくる可能性があるが、「選挙への関心を持つ」事より、「民主主義の根幹の自由・平等」に疑問を持つ事の方が、知的に誠実な人の反応だと思います。
選挙でなく、この人に興味を持つヤツは、選挙に興味を持たなくてもいいのではないか、と・・・・・

とにかく、ここ数日で一番ショッキングでした。
どうぞ冗談であって下さい
(冗談だとしても、悪すぎる冗談です。心から笑えん)

P.S.
この人、付き合っていた女性との別れ話のモツレで女性を殴って2年間監獄にいたらしい(冒頭の「いまどき珍しい政治犯での2年投獄」というのはこれらしい)

2007年3月31日 (土)

いじめ問題

昨夜、テレビで教育問題を取り扱った番組をやっておりました。

子供が出来てからこういう番組を見ちゃいます~
まだ赤ちゃんですが教育問題には興味アリアリ~

で「イジメ問題」を扱っていたのですが、ちょいと気になったオカンがいました。

自分の子供がイジメを受けている母親のようで、悩んでいるようでした。
が、が、が・・・・
「コイツ明らかにおかしい」と思わざるを得ない発言をしておりました。

イジメをした子に対して、先生など(その子の親もいたのかな?)の前で
「うちの子をイジメた時どういう気持ちだった?」と、この母親が尋ねる。

イジメ君は「面白かった」と言った・・・という再現フィルム。

その後での発言。

誰か出演者が、「あんなことを言った時点で、自分の子なら(「自分の生徒なら」かも)ぶん殴りますよ~」
その親、
「ダメです~ダメなんです。暴力に暴力はいけないんです~
そんな事を子供に教えることは、大人がしちゃいけないんです」

さあどうでしょう?? どう思いますか??

理想としては立派!! ご立派ではありますが現実問題に対応できるのか??

非暴力という誰からも非難されるはずのない「絶対正義」に基づいた発言だけに、案の定、そのあと誰もその母親に対し何も言いませんでしたし、議論も発展しませんでした。

オマエ、自分の子供が死ぬほど苦しんでるとホントに思ってんか!!!

オマエ、我が子供が殴られたり蹴られたりして傷ついている前で、
「暴力はいけないから手を出すな」って、甘っちょろい理想で解決できると思ってんのか!

オマエ、世界や世間にあふれる暴力をどう説明するや??
「ママ。暴力っていけないことのはずなのに、どうしていっぱいあるの? どうしたら解決できるの?」
「ママ。悪いことをした犯人が捕まったけど、警察が犯人を押さえつけていたよ~あの警察って暴力ふるう悪い人だよね?」
「ママ。どうして戦車とかピストルとかあるの?核兵器は、暴力の道具だよね~いけないよね。どうして、戦争があるの?」

このオカンの答えで考えられるのは、「世界がオカシイ」という答えだと思いますが、
「人類が始まって以来、今まで暴力のなかった社会なんかない!!!存在しなかった!!」
理想だけで、この現実を生きていけるわけがない!!

そんな甘っちょろい理想を子供が背負って、暴力に甘んじて苦しんでるのかも知れんぞ!

と、怒りを覚えましたが、イジメの被害者の母親であること、「非暴力」という理想の絶対正義の前で反対を唱えると、簡単に悪者にされてしまう、ことを理由にグッと我慢しました
(大げさな・・・^_^;テレビ、テレビ、熱くなるなよ~オイラ~と自分を落ち着かせました(笑) )

しかし、誰も反対できない絶対正義を主張するだけにタチが悪い。
タチが悪い。キレイな理想のせいで、解決すべき現実をぐちゃぐちゃにしかねん

嫁さんがいたら怒りをぶちまけてたろうな~(今、寄生虫。 ちゃう帰省中)

今のどう思う?? おかしい、おかしい絶対おかしい。
オレ自分の親がこんなんやったらグレル!
「あんた自分の子供の事より、理想の方が大事なんか?」って、わけのわからん屈折の仕方でグレてしまって、取り返しの付かない理屈した言論暴力野郎になると思う~

でもきっと、長く続いている平和な日本で、こんな平和ボケの人がきっとたくさんいるよ~
自戒の念をこめて、いろいろ自分も考えてみます。

イジメ問題について、最後に・・・

「もし自分の子がイジメられたら?」という問いに対する、親としての対応はそんなに難しいもんじゃないと思うのです。
しかし、自分の子がイジメていたら??・・・・どうする??
(番組の最後で、美人の司会者も言っていた)

これに対する答えは難しいなぁ~
親としてどうするか考えてみます。

イジメがあるということは、「イジメるヤツがいてイジメられる側がいる」という事実。

テレビよ~
次は被害者でなく加害者側からの番組も作ってくれ!!

TBSの誤報道?

TBSがやったらしいです。

みのもんたの「朝ズバ」で、あることない事言って、今叩かれているペコちゃんの不二家を、さらにイメージ悪くするような誤報道した(らしい)。

不二家ってのが非常にダークなイメージになっていたために、「どうせこんな事もやっとるやろう~」という先入観による誤報道なんだろう~

元社員(10年前の社員ですって)の証言を、TBSはもと報道したようです。
元社員とやら、「今なら不二家ネタで小遣い稼ぎを出来る」とでも思ったとしたらアサマシイ。下品きわなりない。
10年前の社員の証言と知っていて、報道したならTBSもアサマシイしあくどい!
もし、10年前からずっ~と不二家がそんな不正をしていたなら、それが一番アクドイが、あくまで予想や想像の範疇でしかない。
そんな予想や想像を、「不二家=ずさん」となっていた先入観が、事実と誤認して報道したんだろう~
「アイツこんな悪いことしてたから、これもきっとやってるよ!」という感じでしょう。
こんなお子ちゃま放送局に不二家が怒って当然!
しかも主婦の教祖・みのもんたが言うんだもの~たまらんわな~

不二家は訴えて当然ですが、
「(ずさんな経家をしていた事がばれた)不二家の逆切れ」と、世間に思わせないようにすべしです!!

テレビを放送する人へ
「単なる間違いでしたスイマセン」で済むと思うな!
テレビ(マスコミ)の間違いは、その影響力の大きさから、単純に「スマンではスマンぞ!」
一ヶ月くらい、間違い訂正のCMを朝から晩まで放送するくらいの構えを持って、ガンガン報道せいぃぃ

TBSの誤報道(報道被害)ほかに、
「白インゲンのダイエット効果」で体調を崩した人多発(2006年6月頃)、
石原都知事の発言に対する誤字幕」(2005年4月頃)

人間、誰しも間違います、テレビも絶対と思わないでね~❤

2007年3月22日 (木)

ホントはどこに??

6カ国協議で、北朝鮮が、だだっ子ちゃんして欠席をしているようです。
理由は「マカオの銀行のお金を返してくれるっていったのに~まだ手元に返ってきてないよぉ~」ということらしく、
日本のテレビ(マスコミ)は、
「「技術的な問題」で北朝鮮に送金(返金?)できれていない」
と報道しています。
「金額がデカイから、うまく送金できんのか~」、北朝鮮はインフラも整ってないからかなぁ・・・と思っていたら・・・・

「いったん北朝鮮のお金を受け入れる中国の銀行が拒否している」かららしい

これは、(自由な国では)わからんでもない普通の対応です
麻薬の売買やニセ金作りで得たお金を受け入れるなんてことは、ためらって当然。

あなたの預金を預けている三井住友でもUFJでもなんでもいいですが銀行が、「北朝鮮から多額のグレーマネーを受け入れた」と聞いたらどうします??
「ええっ! オレの預金大丈夫か? あの銀行まともか?」と評判はスコブル悪くなりますよね~

共産国中国の元では普通は政府のいいなりなのですが、開放政策している香港(中国)の銀行なので、受け入れ拒否となっているようです。
(共産主義の中国で、市場を開放(資本主義)している為に起こった政府の意向への反対ということで、中国の国の体制の矛盾も図らずも露呈しています)

「受け入れ拒否」は、日本の常識から言えば当たり前です。

この情報は韓国のネット新聞から得ました。

しかし、なぜに日本のマスコミは報道してないんだ!!!
(ちなみに今日の我が家の新聞にもそんなことはふれられていない)

「中国の顔色をうかがっって報道規制じゃないやろなぁ~!!
「6カ国協議の中断は中国のせい」という世論が日本に形成されるのをビビッてるのか? 共産主義の矛盾が露呈してるから報道したくないのか??
おいおい・・・なにやってんの日本のメディア????

ってな事をテレビや新聞がしてますので。。

2007年3月21日 (水)

テレビのウソツキ

わが子は、生まれた時からテレビっ子なので、テレビについて、ちょいと注意をしておきます。

テレビが言っていることは必ずしもホントのことではありません!!

いつもウソをついていると疑っておいたほうがいいかもしれません。

ウソとまで言うと言いすぎかもしれませんが、
「都合のいい事」、「テレビを作っている会社が考えていること」を、
あたかも「みんなが思っている」ように伝える、
あたかも「ホントのこと」として伝えていると思っておいて下さい。

今日もこんなニュースがありました。
「レンブラントの絵が見つかった本物か?」というものです。

あるチャンネルでは、
「日本の鑑定家が鑑定した結果、本物の可能性が高い。しかし、外国に送ってレンブラント専門の鑑定家に鑑定してもらうことはない。なぜならそのまま本物と認められて国宝となり自分の手元に返ってこない可能性が高いから」と放送していました。

また他のチャンネルでは
「日本の鑑定家が鑑定した結果、本物の可能性が高い。外国に送ってレンブラント専門の鑑定家に鑑定してもらって、本当に本物なのか、持ち主は確かめるつもりだ。」と放送していました。

持ち主の対応がまったく正反対。
「おいおい、ドッチやねん~!」と、車を運転しながら思わず突っ込みを入れました。

他にもテレビの罪悪はあげればキリがありません。

「ノストラダムスの大予言」もそのひとつです。
パパが小学生の頃、「1999年に地球が滅びる」という予言がありました。
モノスゴイ良くあたる予言者(ノストラダムス)が言っている。
その預言者は、あれもこれも予言を当てた、今回も当たるだろうと、テレビが放送していました。
(小学生のパパはマジメに信じ込んでいました。マジメに信じてビビっていました)

しかし、地球は滅びることもなく、あなたと出会う事が出来ました!

とにかく、テレビはウソツキですので、
「自分で調べて自分で考えてみる」事を忘れないで下さい。

その方法は出来るだけ伝えられたらと思います